占いコラム

HOME» 占いコラム »仙台四朗伝説!!

占いコラム

仙台四朗伝説!!


日本でただ一人の「福の神」
仙台四朗伝説!!

 東北は宮城県の仙台市、この仙台四朗の写真を飾ると商売が繁盛すると言い伝えられ、町中の店という店に飾られているというのです!

 

 いったい仙台四朗とは何者なのか?
 四朗は、江戸時代末期(1854年)に宮城県仙台市に鉄砲鍛冶職人の家の4男として生まれ、生家は屋敷の中に池が3つもあるという大金持ちの士分だったとか。彼は、幼いころに遭った事故で知的障害になり、ほとんど話すことはできなかったそうですが、いつもニコニコしていて四朗が立ち寄った店には必ず繁盛したことから「福の神」としてどこの店にも四朗がくるのを歓迎したといいます。

 

客商売の遊郭あるいは料亭、芸妓屋さんで大モテになり、またいくらきてよ、きてよと呼んでも四朗が見向かない店は、その身代がどんどん傾いていったといいます。これが評判になって、当時の新聞にも何十回も登場した仙台中の人気者だった彼は、生きながらにして福の神と呼ばれるようになったのであります。

 

そんな仙台四朗のパワーを頂戴させていただくためには?
まず、仙台四朗の写真をだいたいサイズの合った額に入れて机の上やカベに飾ります。ちなみに写真はコピーでもOK。それだけでもどんどん幸運を引き寄せてくれますが、さらに写真を前にお香を焚くと効果的。「焚く」という行為は、煙を上げて天と自分を結ぶということを意味し古くから神様とのセレモニーに欠かせないもの。四朗のパワーをより一層感じられるかもしれません。

 
2014/10/02

占いコラム

☆幸運を導く「占いのトリセツ」

著:Cooa(クーア)

 

最新情報

無料占い

お店案内

メグーア占い師一覧

占術/占いの種類

占い講座・ワークショップ

会社概要

パワーストーンショップメグーア

 

 

https://plus.google.com/u/0/+Megooa/posts

★★★★★★★★★

管理画面